Kaigi on Rails のお手伝いをしたふりかえり。

f:id:yrinda:20201009225351p:plain
hero
一週間以上経過すると絶対書かないので、とりあえず書きます。 配信まわりの知見などをあとで追記するかもしません。

ふりかえり

2020/01

「新しいカンファレンス計画してるんだけど手伝わない?」っと誘われたのが始まりでした。 自分に何ができるか、また、どのようなカンファレンスになるか未知数でしたが、面白そうだったので了承しました。

2020/02

初めての打ち合わせを開始しました。弊社会議室を提供しました。 初対面の方ばかりだったのでネームプレートを作りました。

f:id:yrinda:20201009211028p:plain
2020/02/05 mtg

全員が物理的に揃ったのはこれが最初で最後でした。 この頃からコロナが流行し始め、リモートでの打ち合わせに移行しました。

2020/03

この時点では、当初の計画通り物理開催前提で進めていました。 www.itabun.com

2020/04

コロナが猛威を振るいはじめ、オンライン開催への変更や開催延期を検討し始めました。 日々変化する状況下で、大きな決断が必要となりしんどかったです。

www.asahi.com

下旬の打ち合わせでオンライン開催に変更することが決まりました。 コロナに振り回されている中、コンセプトアートができました。 「カンファレンス作ってる」感が得られ、とても嬉しかったです。

f:id:yrinda:20201009214526p:plain
kaigi-on-rails

2020/05

オンライン化することで必要な作業が一気に増えました。 しかし、大規模なオンラインカンファレンスを経験したメンバーはおらず、手探りですすめることになりました。

2020/06

プロポーザルの募集を開始しました。

2020/07

公式サイトがオープンしました。 ライブ配信方法や環境に悩みました。 ISUCON 本戦と Conflict することが発覚しました。

下旬に Kaigi on Rails new を開催しました。 www.youtube.com

2020/08

予想以上に多くのプロポーザルが集まりました。 聞きたい内容ばかりで選定に頭を悩ませました。

2020/09

本番まで1ヶ月を切りました。 残りの必要な作業が見えてきた頃合いで、運営メンバー全員が忙しい時期でした。

不採択にするには勿体ないプロポーザルばかりで「Reject をやろう!」という案がありました。 しかし、人的リソースの問題で断念しました。 そんな中、Hamada.rb さんが Reject Kaigi on Rails を開催してくださいました。ありがとうございました。 hamadarb.connpass.com

2020/10

前日、前々日と打ち合わせや最終調整などを行いました。 事前準備や考慮もれで色々と不足がありました。

真似しちゃだめな、前日(当日)一夜漬けでなんとかしようとする人

当日

配信しつつ、リアルタイムで次の準備をしたりとても忙しい一日でした。 忙しすぎて、セッションの内容は一切頭にはいりませんでした。(アーカイブ映像を YouTube 公開した後で改めて視聴します)

@toshimaru_e さんのセッションが途中で途切れたり、@fukajun さんのセッションが差し替わっていなかったりとご迷惑をおかけしました。

自戒

OBSで配信しつつシーン編集される場合、以下の設定オフが推奨です。 (編集中に予期せぬシーンに切り替わる事故が発生するため)

f:id:yrinda:20201009230508p:plain
OFF

後日

当日の録画や動画を整理し、YouTube で公開する準備を進めています。 今週中には公開できそうな見込みです。 もうしばらくお待ち下さい。

今後の Kaigi on Rails

物理開催できるかどうか未定ですが、来年も開催予定だそうです。 微力ではありますが、来年もお手伝いできればと考えています。

謝辞

プロポーザルを提出いただいたみなさま、登壇いただいたみなさま、配信を見ていただいたみなさま

ご協力ありがとうございました。 みなさまのおかげで楽しい一日になったと感じています。

運営メンバーのみなさま

二転三転しつつ、手探りで進むことになりました。 しかし、みなさまのパワーやスピード感のおかげで無事に開催できました。 楽しいカンファレンス運営に参加させて頂き本当にありがとうございました。